コンサルタントブログ

名刺の活用の秘訣

名刺におけるブランディングとは

名刺には、「初対面で興味を与える」「自分を思い通りにを伝える」「HPに誘導してより自分を知ってもらう」などの効果があり、商談の場で自分を伝える必須のツールと言えます。

効果的にブランディングがされた名刺は、社名や肩書、名前を伝えるだけでなく、初対面でインパクトのある出会いとなります。また、よい印象を残して次のアクションを起こしてもらう動機づけにも役立てることができます。

自分や自分のサービスをイメージ通りに伝えるためには、基本情報やデザイン以外の要素も大切です。ターゲットを想定して作るキャッチコピーも、その一つです。
自分の特徴に合うキャッチフレーズを加えてブランディングがされた名刺は、相手に対して理想的で統一感のあるイメージを与え、印象をコントロールする力があります。
そして、ブランディングにそった名刺は、自分とサービスの専門性を伝え、相手の中のイメージをあげることができるでしょう。

戦略的にブランディングされた名刺は、自分のサービスが相手にどのようなベネフィットを与えられるか伝えることもできます。そのためには、まずは自社のサービスの特徴、相手のベネフィット、ターゲットのニーズを検証し、相手からフィードバックされるアクションなども想定しておきましょう。

伝えたい内容が明確になったら、そのポイントを整理します。
詰め込みすぎないように、わかりやすく簡潔な情報量に抑えることも大切です。例えば、名刺の表面には自分の肩書き、キャッチコピー、基本情報、二次元バーコード。webページに誘導できれば、名刺上に多くの情報を記載する必要はなくなります。
ターゲットに合わせて、次のアクションにスムーズに誘導できるような機能性を持たせ、一貫性のある情報提供をするのも大切なポイントです。
その上で、書く内容がいまいちアウトプットできない場合は、周りの人に自分がどう見られているかを聞いてみるのもいいかもしれません。

最後に、是非名刺lのデザインクオリティにもこだわってみましょう。
写真やイラスト、紙の素材、自分のパーソナルカラーなど、すべての要素をブランディングの観点から統一し、視覚的にも美しいデザインであるよう心がけましょう。
シンプルで洗練されたデザインクオリティーを目指すなら、コピーライターやデザイナーがいるような専門会社に相談するのがおすすめです。

いかがでしょうか。名刺ひとつとっても表現内容のバリエーションは実に多彩で、書くべきことを抽出して選択し、これをデザインに落とし込んでいく作業はとても大変かもしれません。
自作に割く時間と労力をコスト換算すると、ブランディングをまとめて請け負ってくれるような専門あ会社の活用はメリットが大きいと言えるかもしれません。

ノウハウブログカテゴリー

PAGE TOP